大人も2度泣ける ~劇場版ポケットモンスター キミにきめた!~

公開年度:

2017年7月15日

 

監督:

湯山邦彦

 

キャスト:

サトシ:松本梨香

ソウジ:本郷奏多

マコト:佐藤栞里

ボンジイ:古田新太

ジョーイ:中川翔子

クロス:逢坂良太

マーシャドー:山寺宏一

 

解説/あらすじ:

ポケモンの劇場版20作目。

10歳になったサトシはポケモントレーナーとなるべく、オーキド博士のもとに最初のパートナーとなるポケモンを貰いに行くが、既にベースで渡される「ヒトカゲ」「フシギダネ」「ゼニガメ」は他のトレーナーに渡ってしまい、残っていたピカチュウをパートナーとすることになるが、一向に懐こうとしない。

そのような状態で旅に出たサトシとピカチュウだが、大量のオニスズメに追われるハメになり、体を張ってピカチュウを守ろうとするサトシに、ピカチュウもサトシを信頼し、必殺の10万ボルトでなんとか危機を切り抜けることが出来た。

そんな二人の上空から伝説のポケモン「ホウオウ」が現れ、一本の羽を落としていく。その羽に導かれ、「ホウオウ」を求め旅にでることとなった。

レビュー:

サトシとピカチュウが仲良くなるまでの映画かと思ったが、映画が始まって10分後にはもうピカチュウがサトシをペロペロしている状態だったので、少し肩すかしの感じがしましたが、まあ、仲の良くない状態を長くしてストーリーを立てるのも確かにキツイのかなとも思いました。

「ホウオウ」を探して山に向かうのがメインのストーリーとなりますが、その道中で仲間にしたポケモンとの別れ(泣けます)や、他のトレーナーに捨てられたポケモンを助け、共に成長していく姿が見られます。

ラストは少し衝撃的でピカチュウもそりゃ泣くわって出来事となりますが、まあ、結局は一件落着な感じで閉められています。良く分からない点は多くありますが。

何ヶ所か泣けるポイントがあり、特に難しい表現は無いので、ポケモンを見たことのない大人や、よく見ている子供まで楽しめる作品だと思いました。