富里スイカロードレース当日 2017/6/25

待ちに待ったこの日がやってきました。

「富里スイカロードレース」

途中に「給水ポイント」ならぬ「給スイカポイント」があるマラソン大会です。(給水ポイントももちろんあります。)

4月に思い立って申し込み、当日まで週に一回程度ではありますが練習してきたこの大会、骨の髄まで燃えきってやるぜー、と思っていたらまさかの雨。。

まあ、梅雨時ですからね。。しかし、雨天決行。

私の種目は10km一般男子の部、2474 人の参加だそうです。一般女子の10kmと同時スタートとなります。

スタート地点はタイムの早い人からスタート出来るよう、自己でスタート位置を選ぶようになっており、私は50分代の位置に陣取りました。

スタート時刻の9:40となり、スタートしたようですが、正直スタート地点より離れているため、号砲も聞こえず、なんとなくのスタートとなりました。先頭グループから動きだし、私のグループが動き出せたのは、スタートからすでに1分ほど経ってからでした。

序盤は混雑が酷く、なかなか自分のペースで走ることは出来ませんでした。参加者には仮装している人も多く、普通に走るのでも大変なのに、スイカやバナナ等の仮装をしている人を見て、本当に完走できるのか?と思いましたが、人の心配をしている場合でもなく、徐々に混雑が解消され、ペースが上がりだしてきました。

2キロぐらいまでは体力に余裕があり、遅いランナーたちを交わしながら、自分のペースで走れました。3キロぐらいから少し腕に疲れを感じだし、ぶらぶらと力を抜いたり肩を回したりして、改善しながら道中を進みました。雨は次第に弱くなってきましたが、湿気が酷く、汗をかき出してきたので、水分補給を行いました。走りながら飲むので、気管に入り、咳込んだりしました。

4、5キロともなると、全体的に疲れてきましたが、リズムや呼吸に注意して、ペースを極端に落とすことのないよう気を付けました。

そして6キロ。練習でも6キロまでは走りましたが、それ以上は未知の領域となります。6キロの看板を過ぎ、少し走ったところで、恐れていた事態が起こりました。右膝に痛みが出始めました。練習中にも発症したこの現象、一度起こるとなかなか回復はしません。しばらくはペースを落として走れましたが、痛みが強くなり、仕方なく歩くことにしました。

今まで抜いてきたランナーたちが、私の横を通過していきました。しかしなんともならないので、しばらく歩き、回復を待ちました。少しすると、痛みが多少和らいだので、また走り出しました。しかし、7キロ地点まで来ると、また痛みだし、歩くことを余儀なくされました。周りにも、途中棄権する人や歩く人もどんどん増えてきました。9キロ地点までは休んだり走ったりを繰り返しました。振り返ると一番きつい時間ではありました。

そして、お待ちかねの給スイカ場に到着。一つ頂いたところ、とても甘く、疲労を多少なりとも癒してくれたようでした。その後長めの上り坂がありましたが、スイカパワーで登り切りました。膝に猛烈に力を入れることで、痛みを騙せることが分かり、一気にゴールにたどり着きました。

タイムは00:57:37でした。スタートまで00:01:07かかっていたので、ラップタイムは00:56:30となりました。

まず、きついレースでしたがゴール出来て本当に良かったです。しいて言えば、練習量が足りず、距離を意識した練習が出来なかったのが今回の課題だと思います。

これで終わりにせず、他の大会に向けて練習は続けようかとは思っていますが、それはまた別の話で。

ステータス 体重62.5キロ 体脂肪率14%