映画・無限の住人。レビュー・考察

公開年度:
2017年4月29日

監督:
三池崇史

あらすじ:
逸刀流(いっとうりゅう)に両親を殺された少女、凛は逸刀流の統主、天津影久への復讐のため、不老不死の肉体を持つ万次へ用心棒の依頼をし、逸刀流との戦いに身を投じる事になる。

レビュー・考察:
不死身って、死ぬほどめんどくせえ。
ついに木村拓哉に「不死身」という設定が追加されてしまった伝説の作品です。
「無限の住人」という作品は語言力を失うぐらい良かったです。
ついに不老不死の無限の存在となった木村拓哉すごいかっこいい
作中の万次としては「百人斬り」の異称を持っていたりだとか、着物の中に重たい武器を何個も持っていたりだとか配役木村拓哉で良かった、本当に良かったと思うばかりです。
何が正義で、何が悪か、そんなものはないのか。
考えさせられる作品です。

凛は両親を逸刀流の党首、天津影久に殺害されているが。
天津影久の祖父、天津三郎は無天一流(凜の父親である統主)に統主を守るため二刀流で戦ったこと、また、使用した一本の刀が舶来の刀であったことから破門され、狂死した。

どちらの言い分もわかるが、これに対して葛藤している凛に万次が放った言葉は
万次「俺はどれを切ればいいんだ」
凛「私に刃を向けるものすべてを切って」
万次「それでいいんだ」
でした。
個人的には色々な迷いや葛藤への回答はこのシーンかなと思っています。

ちょうどhuluにアニメ版無限の住人が追加されているようなのでそちらの視聴もしてみようと思える作品でした。

では次の投稿まで。