家族のために、奇跡の再会 ~国際市場で逢いましょう~

タイトル:

国際市場で逢いましょう

公開年度:

2014年

監督:

ユン・ジェギュン

解説/あらすじ:

ある心地よい日に、屋上で老夫婦(ドクスとヨンジャ)が昔話を始めた。
主人公のドクスは幼い時に、朝鮮戦争によって、
父、そして妹と離れ離れになってしまう。
タイトルの「国際市場で逢いましょう」は父の別れ際の言葉で、
当時、叔母が商いをしている「コップンの店」での再会を夢見てのもの。
作品ではこの店を手放すかどうかも、ひとつの焦点になっている。

 

レビュー:

戦争によって、多くの人々が家族や友人と引き裂かれ、
深い傷を負っているという事が良く分かる作品である。

ドクスは父親に「おまえが家長だ。家長はどんな時も家族が優先だ。」という言葉を
心に刻み人生を歩んできたが、彼にとっては人生はとてもつらいものだった。

家族を養う為、弟の学費の為、犠牲を払い、必死になって働く日々。
勉強する時間もろくに与えられず、逃げ出したい思いもあったに違いない。

ドイツの炭鉱募集の話に乗り、愛国心を示して合格後、
ドッセルドルフで働くことになるが、地獄のような日々だった。
「生きて会おう」を合言葉に地下に送り出される工員達は、全身真っ黒になって働く。
ガス漏れによる爆発の事故に遭い、生死を彷徨う。

叔母の死後「コップンの店」を買い取る為に資金が必要となり、
ベトナム戦争に技術者として参戦する。
爆破テロに遭い、また左足を撃ち抜かれるなど負傷して帰国する。

家長とは何か、また本当に大切なものは何なのか?について
考える良い機会となるだろう。

作品の後半では、幼い時に生き別れた妹(マクスン)と、
TVメディアを通じて、再会するが、
こんな風に奇跡的に再会出来る人々はほんの一握りだと思った。

ドクスはとても頑固で息子たちが何と言おうと、店を手放そうとしなかった。
だが、最後は「コップンの店」を売却することを妻に告げている。
最愛の妻に昔話を語る事で心境の変化があったのだろうか。
ヨンジャはそんなドクスに向かって「大人になったのね。」と囁いた。
ドクスは「もう年を取り過ぎて、遭いには来れんだろう」と言った。
アメリカに住む妹のことを想っていたに違いない。

[youtube=https://youtu.be/VxAJyEY16lY]

 

国際市場で逢いましょうBlu-ray
Posted with Amakuri at 2017.6.15
ビクターエンタテインメント