ザ・怪獣の最新作! ~シン・ゴジラ~

タイトル:

シン・ゴジラ

公開年度:

2016年

監督:

庵野秀明

解説/あらすじ:

東京湾に突如謎の巨大生物(ゴジラ)が出現し、首都に向けて上陸を始める
政府はそのゴジラに対し、自衛隊を中心とした駆除を行うべく対応を進める

オフィシャルサイト
http://www.shin-godzilla.jp/index.html

 

レビュー:

ゴジラシリーズは今まで見たことが無く、今回初でした。

見る前のゴジラの勝手なイメージとして、単にゴジラをやっつけるための正義の組織があってそこが解決する、と思っていたんですけど
見てみたら全然ちがくていい意味で裏切られました。
政府があって、政府の要請で自衛隊が動いたり、他国との駆け引きがあったりでそこに属する人間模様がリアルに描かれていて面白かったです。
実際に巨大生物が現れるとこういう対応になるんだ、と感心しながら見ていた感はあります。
主人公は矢口だったんですかね?
中盤まで目立たなかったんですけど、最後のころになると矢口が中心になって物事が動いていて主人公らしさが出ていました。
他にもキャラが立っている脇役がたくさんいて、そういうところにも魅力を感じました。
ゴジラとの戦闘シーンも迫力があって、見応えがありました。
自衛隊の頑張っている姿だったり、ゴジラの戦闘力のあまりの強さに絶望感を感じたり、最終決戦の奮闘などキリがないです。
ゴジラの設定も放射性物質で核分裂をエネルギーに云々とか、遺伝子情報が云々とか妙に納得できる設定に感心しました。
ただ、そもそもの事件の発端である牧博士についての描写があまり無かったので、そこがちょっとモヤっとしています。
そこはもうちょっと掘り下げてほしかったかなと。
今回、監督はエヴァの監督でおなじみの庵野さんでして、BGMや演出がエヴァに通じるものがあってニヤッとさせられました。
最後スタッフロールを見て、監督の所属するガイナックスのスタッフがいたり、更に映像協力でなぜか監督の妻である安野モヨコさんがいて、
アニメではない別の畑から来ている人も参加しているんだなと感心しました。
レイトショーで見たのでお客さんは大人しかいませんでしたが、難しい話は抜きにすれば子供でも楽しめる話だと思いました。

 

[youtube=https://youtu.be/gocxIORraf0]