兄を助ける脱獄劇! ~Prison Break Season1~

タイトル:

Prison Break Season1

公開年度:

2005~2006年(全22回)

監督:

ポール・シェアリング

解説/あらすじ:

副大統領の弟を射殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けたリンカーン・バローズ。
今作の主人公であり弟のマイケル・スコフィールドは一度は兄の有罪を疑っていたが、
兄リンカーンの無実を信じ、自ら銀行強盗をし収容先のフォックスリバー刑務所の脱獄を目論んだ。

レビュー:

Season4までという前情報を信じ短い方なら見るかと、ダラダラ見続けてましたが
1話の「刑務所の設計図を見たのか」と兄リンカーンに聞かれたのち
マイケルは「オレは刑務所の設計に携わった、それだけじゃない。書き込んできた。」
とフォックスリバー刑務所の設計図を隠したのタトゥーを見せるくだりで完全に引き込まれ一気に視聴しました。

刑務所内では様々な障害(人種間紛争、脱獄に必要な受刑者の確保、兄リンカーンの処刑までの日数など)がある。
主人公マイケルは脳の先天障害(覚える機能は高いが忘れる機能が低い障害)とIQの高さで天才的発想で困難を乗り越えていく。
脱獄自体はしっかり計画が練られていたため、うまくいくのだが。個人的には脱獄までのペースがちょっと早いかなと感じた。
海外ドラマ独特の雰囲気を維持しながら、主要キャストの家族や大切な人が主人公の兄リンカーンをハメた黒幕に次々と殺されていく様は圧巻だった。

とても面白いシリーズなのでぜひ色々な人に見て欲しいとは思うが
このSeasonだけでも946分(約16時間)と長めなのでそれだけは連続ドラマの仕様上ネックである。

prison-break-season-1

プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
Posted with Amakuri at 2017.6.15
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン