私の娘は、このクラスの生徒に殺されました。 ~告白~

タイトル:

告白

公開年度:

2010年

監督:

中島哲也

解説/あらすじ:

とある中学校の終業式後のホームルームで、クラスの担任が自分の子供がこのクラスの生徒に殺されたことを話す。犯人の名前こそ言わないものの、説明から生徒たちは犯人に気づく。
そして、担任はその犯人にすでにあることをしたことを告げる。

 

レビュー:

結構早めに子供を殺した犯人がわかってしまうので、どうなるのかな?と思いましたが、その犯人たちのその後を描いた作品でした。
犯人たちの犯行後から変わっていくそれぞれの生活、心情が細かく描かれていたと思います。
個人的には犯人の母親役の木村佳乃がだんだん追い詰められ、精神を病んでいくのが役柄として合っているなと思いました。
結果的に森口(松たか子)にすべて操作されており、法で裁けない少年に法で裁くよりキツイ仕打ちをしたという感じで。
あと、タイトルと本編はいまいち繋がらないと思いました。

[youtube=https://youtu.be/wMq7qzHVkSg]